Linuxコマンド虎の巻

unexpand

unexpandは、空白文字をタブ文字に置換するコマンドです。

構文

unexpand [オプション] <ファイル名>
【オプション】
オプション説明
-a行の先頭のタブだけでなく、すべての対象空白をタブに置換する
-t 数値置き換える空白数を指定する(デフォルト=8)
※これを指定すると自動で-aオプションも有効になる。先頭だけ有効にしたい場合は--first-onlyを指定する必要あり。
--helpコマンドのヘルプを表示する
--versionコマンドのバージョンを表示する

サンプル

例)aa.txtファイル内の各行先頭の空白8文字をタブに置き換えて、bb.txtファイルに出力する

$ unexpand aa.txt > bb.txt

例)aa.txtファイル内の全ての空白8文字をタブに置き換えて、bb.txtファイルに出力する

$ unexpand -a aa.txt > bb.txt

例)aa.txtファイル内の全ての空白10文字をタブに置き換えて、bb.txtファイルに出力する

$ unexpand -t 10 aa.txt > bb.txt

例)aa.txtファイル内の各行先頭の空白10文字をタブに置き換えて、bb.txtファイルに出力する

$ unexpand -t 10 --first-only aa.txt > bb.txt

備考

  • 空白数を指定しない場合は、8空白文字⇒1タブに置換されます。

関連項目

  • expand:タブ文字を空白文字に置換する

このエントリーをはてなブックマークに追加