Linuxコマンド虎の巻

mv

mvは、ファイルを移動する/ファイル名を変更するコマンドです。

構文

mv [オプション] <移動元/変更前> <移動先/変更後>
【オプション】
オプション説明
-b同名のファイルが存在する場合、バックアップを作成する
-f移動先に同名のファイルがある場合でも警告を表示せずに上書きする
-i上書きとなる場合に確認メッセージを表示する
(表示例)mv: overwrite ‘aa.txt’?
-n上書きとなる場合、上書きをしない
-u上書きとなる場合、移動先よりも移動元の方が新しい場合のみ処理を実行する
-v行った処理の内容を表示する
(表示例)‘aa.txt’ -> ‘bb.txt’
--helpコマンドのヘルプを表示する

サンプル

ファイル名を「hoge.txt」から「fuga.txt」へ変更する

$ mv hoge.txt fuga.txt

/home/taro/hoge.txt を /home/jiro/ へ移動する

$ mv /home/taro/hoge.txt /home/jiro/

mv処理の処理内容を表示する

$ mv -v aa.txt bb.txt 'aa.txt' -> 'bb.txt'

「bb.txt」が既に存在する状態で、「bb.txt」よりも「aa.txt」の方が新しい場合のみmvを実行する

$ mv -u aa.txt bb.txt

mvのヘルプを表示する

$ mv --help

備考

  • mvは、move(移動する)という単語が元になっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加