Linuxコマンド虎の巻

nl

nlは、行番号付きでテキストファイルを表示するコマンドです。

構文

nl [オプション] <ファイル名>
【オプション】
オプション説明
-i 数値行番号の増分を指定する
例)-i 2 ⇒ 1,3,5,7...
-w 数値行番号を表示する領域の幅を指定する
例)5桁に設定 ⇒ -w 5
-n ln|rn|rz行番号の表示形式を指定する
(ln:左揃え、rn:右揃え、rz:右揃え&ゼロ埋め)
-s 文字列行番号の後ろに指定した文字列を表示する
-bt空行以外に行番号を振る(デフォルト)
-ba空行も含め全ての行に行番号を振る
-bp文字列指定した文字列を含む行のみ行番号を振る
--helpコマンドのヘルプを表示する
--versionコマンドのバージョンを表示する

サンプル

行番号を3桁かつ、左ゼロ埋めで表示する

$ nl -w 3 -n rz test.txt 001 aaa 002 bbb 003 ccc

行番号の最後に':'を付けて表示する

$ nl -s : test.txt 1:aaa 2:bbb 3:ccc

「HOGE」を含む行のみ行番号を振る

$ nl -bpHOGE test.txt

備考

  • nlコマンドは、number linesが語源です。
このエントリーをはてなブックマークに追加