Linuxコマンド虎の巻

touch

touchは、空のファイルを作成する/ファイルのタイムスタンプを更新するコマンドです。

構文

touch [オプション] <対象ファイル>
【オプション】
オプション説明
-aアクセス時刻のみ変更する
-cファイルが存在しない場合に空ファイルを作成しない
-d日時を指定してタイムスタンプを更新する
-m変更時刻のみ変更する
-r指定した他のファイルと同じ日時にタイムスタンプを変更する
-t

サンプル

test.txtファイルのタイムスタンプを現在日時にする(test.txtが存在する前提)

$ touch test.txt

hoge.txtという空のファイルを作成する(hoge.txtが存在しない前提)

$ touch hoge.txt

fuga.txtファイルのタイムスタンプを「2017/12/31 21:00:00」にする

$ touch -d "2017/12/31 21:00:00" fuga.txt

備考

  • touchは、「touch:触る」という英単語が元になっています。
  • 指定したファイルが存在しない場合は、空のファイルが作成されます。
  • 指定したファイルが存在する場合は、ファイルの更新日時のみが更新されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加