Linuxコマンド虎の巻

tail

tailは、テキストファイルの末尾部分を表示するコマンドです。

構文

tail [オプション] <ファイル名>
【オプション】
オプション説明
-c バイト数ファイルの末尾から指定したバイト数表示する
-fファイルの追記を監視する
-n 行数ファイルの末尾から指定した行数表示する
-q末尾を表示する時、ファイル名を表示しない
-v末尾を表示する時、同時にファイル名も表示する

サンプル

test.txtファイルの末尾を表示する

$ tail test.txt

拡張子が「.txt」のファイルの末尾を表示する

$ tail *.txt

test.txtファイルの末尾3行を表示する

$ tail -n 3 test.txt

hoge.logファイルを監視する

$ tail -f hoge.log

監視ファイルに文字が追加されるとリアルタイムに表示されます。

監視状態から抜けるには、[Ctrl]+[c]を押します。

備考

  • tailは、「tail:末尾」という英単語が元になっています。
  • デフォルトでは末尾10行が表示されます。
  • ファイル名の指定には、*(ワイルドカード)も使用できます。

関連項目

  • tail:ファイルの先頭部分を表示する

このエントリーをはてなブックマークに追加