Linuxコマンド虎の巻

split

splitは、テキストファイルの分割を行うコマンドです。

構文

split [オプション] <分割するファイル名> [<分割後のベースファイル名>]
【オプション】
オプション説明
-b バイト数指定したバイト数単位で分割する
-l 行数指定した行数単位で分割する(デフォルトは1000行)
-d分割後のファイル名に付加する英字を数値にする
-a 桁数分割後の付加する文字の桁数を指定する(デフォルトは2)

サンプル

例)aa.txtを100行単位で分割し、bb.txt~ というファイル名にする(連番はアルファベット)

$ split -l 100 aa.txt bb.txt $ ls -l bb.txtaa bb.txtab bb.txtac ...

例)aa.txtを100行単位で分割し、bb.txt~ というファイル名にする(連番は数値)

$ split -d -l 100 aa.txt bb.txt $ ls -l bb.txt00 bb.txt01 bb.txt02 ...

例)aa.txtを100行単位で分割し、bb.txt~ というファイル名にする(連番はアルファベット3桁)

$ split -a 3 -l 100 aa.txt bb.txt $ ls -l bb.txtaaa bb.txtaab bb.txtaac ...

例)aa.txtを100行単位で分割し、bb.txt~ というファイル名にする(連番は数値3桁)

$ split -d -a 3 -l 100 aa.txt cc.txt $ ls -l bb.txt000 bb.txt001 bb.txt002 ...

備考

  • splitは、「split:分割する」という英単語が元になっています。
  • 分割後のベースファイル名を省略すると、「x」というベースファイル名が採用されます。
  • 分割単位を省略すると、1000行単位で分割されます。
このエントリーをはてなブックマークに追加