Linuxコマンド虎の巻

alias

aliasは、コマンドに別名を付けるコマンドです。

構文

alias [オプション] [コマンド別名[=コマンド]]
【オプション】
オプション説明
-pエイリアスの一覧を表示する(指定しなくても同じ)

サンプル

登録済みの別名を一覧表示する

$ alias alias cp='cp -i' alias egrep='egrep --color=auto' alias fgrep='fgrep --color=auto' alias grep='grep --color=auto' alias ll='ls -l --color=auto' alias ls='ls --color=auto' alias mv='mv -i' alias rm='rm -i'

「alias -p」でも同じです。

コマンド「cal 2018」を別名「c」で登録する

$ alias c='cal 2018'

備考

  • aliasは、「alias:別名」という英単語が元になっています。
  • 既に登録されている別名で新たな別名を登録すると、上書きされます。
  • aliasで登録した別名はログアウトすると無効になります。
    ログアウト後も有効にしたい場合は、「~/.bashrc」ファイルにviエディタ等でaliasコマンドを追記すればOKです。
  • 別名を削除したい場合は、「unalias」コマンドで削除できます。
  • コマンド実行時にエイリアスを無効にしたい場合は、
    コマンドの先頭に「\」or バックスラッシュを付けて実行すればOKです。
    (例)\cp -f aa.txt hoge
このエントリーをはてなブックマークに追加