Linuxコマンド虎の巻

アクセス権限

ファイル/ディレクトリのアクセス権限と、所有者/グループについてです。

アクセス権限

Linuxのファイルやディレクトリには、アクセス権限を設定することが可能です。

アクセス権限は、ファイル/ディレクトリ単位に対象と可能な操作を指定できます。

アクセス権限の事を、パーミッションと呼びます。

【対象】
対象メモ
自身ファイル/ディレクトリの所有者を対象
グループファイル/ディレクトリのグループと同グループユーザを対象
その他上記以外のユーザを対象
【操作】
操作メモ
読取り
(read)
読取りが可能かどうか
書込み
(write)
書込みが可能かどうか
実行
(exec)
実行が可能かどうか

アクセス権限は、対象3種類x操作3種類=9項目の権限をファイル/ディレクトリ単位に設定します。

ファイル/ディレクトリの所有者、グループ、アクセス権限の確認

ファイル/ディレクトリの所有者、グループ、アクセス権限の確認するには、
ls -lコマンドを使用します。⇒ 参考:ls

例)ls -lでファイルの詳細情報を確認する

[taro@svr ~]$ ls -l total 4 drwxr-xr-x 2 taro grp01 4096 Jan 1 08:30 tmp01 drwxr-xr-x 2 taro grp01 512 Feb 12 09:45 tmp02 -rw-r--r-- 1 taro grp01 1397 Mar 3 18:17 aaa.txt lrwxrwxrwx 1 root root 8 Jan 25 23:28 lnk01 -> /usr/etc

この中の1列目(例:drwxr-xr-x)がアクセス権限を、3列目が所有者(例:taro)、
4列目(例:grp01)がグループ名を表します。
アクセス権限文字列の見方については以下の通りです。

linux アクセス権限文字列の見方
【アクセス権限の表示の見方】
メモ指定
1桁目種類d:ディレクトリ -:ファイル l:リンク
2桁目所有者の読取り権限r:あり -:なし
3桁目所有者の書込み権限w:あり -:なし
4桁目所有者の実行権限x:あり -:なし
5桁目グループの読取り権限r:あり -:なし
6桁目グループの書込み権限w:あり -:なし
7桁目グループの実行権限x:あり -:なし
8桁目その他ユーザの読取り権限r:あり -:なし
9桁目その他ユーザの書込み権限w:あり -:なし
10桁目その他ユーザの実行権限x:あり -:なし

例えば上記例のaaa.txtファイルは、所有者はtaro、所属グループはgrp01、アクセス権限は所有者は読取りと書込みができますが、グループとその他ユーザは読取りのみ可能といった風に読み取れます。

関連項目

アクセス権や所有者、グループの変更については以下ページをご覧ください。

  • chgrp ファイル、ディレクトリのグループを変更する
  • chmod ファイル、ディレクトリのアクセス権を変更する
  • chown ファイル、ディレクトリの所有者、グループを変更する

このエントリーをはてなブックマークに追加