Linuxコマンド虎の巻

cat

catは、ファイルを連結するコマンドです。
しかし、テキストファイルの内容を一気に表示することもできるため、
ファイルの中身を確認するコマンドとしても使用されます。

構文

cat [オプション] <ファイル名>
【オプション】
オプション説明
-b行番号を表示する(空白行には付けない)
-E行末に「$」を付加して表示する
-n行番号を表示する(空白行にも付ける)
-s連続した空白行は1行の空白として表示する

サンプル

ファイル「hoge.txt」の内容を表示する

$ cat hoge.txt

ファイル「hoge.txt」の内容を行番号を付けて表示する

$ cat -n hoge.txt

ファイル「aa.txt」と「bb.txt」の内容を結合したものを「cc.txt」ファイルに出力する

$ cat aa.txt bb.txt > cc.txt

備考

  • catは、catenate(鎖状に連結する)の略です。
このエントリーをはてなブックマークに追加