Linuxコマンド虎の巻

less

lessは、テキストファイルをlessモードで表示するコマンドです。

ファイルを指定してlessコマンドを実行すると、lessモードになるのでそこでless中のコマンドを駆使してファイルを確認できます。

構文

less [オプション] <ファイル名>
【オプション】
オプション説明
-s空白行が複数行続いた場合は1空白行として表示する
-N行番号を表示する

less中のコマンド

【コマンドモード中のコマンド】
コマンド説明
hカーソルを左に移動する(「←」キーと同じ)
jカーソルを下に移動する(「↓」キーと同じ)
kカーソルを上に移動する(「→」キーと同じ)
lカーソルを右に移動する(「↑」キーと同じ)
d半画面分下に移動する
u半画面分上に移動する
f1画面分下に移動する
b1画面分上に移動する
/<パターン><パターン>の下方検索
?<パターン><パターン>の上方検索
n<パターン>検索中に次を検索する
N<パターン>検索中に前を検索する
ggファイルの先頭行へ移動する
Gファイルの末尾へ移動する
-N行番号を表示する
行番号+G指定した行へ移動する
qlessを抜ける
vviモードに移行する

サンプル

hoge.txtファイルの中身をlessで表示する

$ less hoge.txt

hoge.txtファイルの中身をlessで表示する(行番号も表示)

$ less -N hoge.txt

ls -lの結果をlessで表示する

$ ls -l | less

備考

  • lessモードから抜けるには、「q」を押せば抜けれます。
このエントリーをはてなブックマークに追加