Linuxコマンド虎の巻

tee

teeは、画面出力とファイル出力を同時に行うコマンドです。

構文

tee [オプション] <ファイル名>
【オプション】
オプション説明
-aファイルに追記する
(デフォルトは上書き)
-i[Ctrl]+[c]で終了不可とする

サンプル

文字列「hoge1」を画面とファイル「aa.txt」にき出力する(ファイルは上書き出力)

$ tee aa.txt hoge1 hoge1 ^C

終了させるには、[Ctrl]+[c] を押します。

文字列「hoge1」を画面とファイル「aa.txt」に出力する(ファイルは追記出力)

$ tee -a aa.txt hoge1 hoge1 ^C

[Ctrl]+[c]のキー入力も出力する

$ tee -i aa.txt hoge1 hog1 ^C ← [Ctrl]+[c]を入力しても終了しない

終了させるには、[Ctrl]+[z] で中断させてから該当プロセスをkillします。 (↓参照)

-iオプションで実行したteeコマンドを終了させる

$ tee -i aa.txt hoge1 hog1 ^C ^Z ← [Ctrl]+[z]で中断 [1]+ Stopped tee -i aa.txt $ ps ← psコマンドでプロセス番号を確認する PID TTY TIME CMD 12759 pts/0 00:00:00 bash 12787 pts/0 00:00:00 tee 12788 pts/0 00:00:00 ps $ kill 12787 ← killコマンドでプロセスを終了させる

備考

  • 終了させるには、[Ctrl]+[c] で終了できます。
  • -iで実行した時に終了させるには、[Ctrl]+[z] で中断させた後、プロセスをkillします。
このエントリーをはてなブックマークに追加