Linuxコマンド虎の巻

man

manは、コマンドのマニュアルを表示するコマンドです。

構文

man [オプション] <コマンド名>
【オプション】
オプション説明
-aマニュアルが複数存在する場合、連続して表示する
-dデバッグ情報を表示する
-k 文字列指定した文字列を含むマニュアルを検索する
※検索対象はマニュアルのNAME(見出し文)。
-K 文字列指定した文字列を含むマニュアルを検索する
※検索対象はマニュアルのDESCRIPTION(説明文)。
-P ページャーページャーを指定する
※ここでいうページャーとは、マニュアルを表示する方法(コマンド)です。

サンプル

cpコマンドのマニュアルを表示する

$ man cp

"bits"という文字列を見出し文に含むマニュアルを検索する

$ man -k bits chmod (1) - change file mode bits

"GNU"という文字列を説明文に含むマニュアルを検索する

$ man -K GNU

chmodコマンドのマニュアルをcatコマンドで表示する

$ man -P cat ls

(参考)cat

備考

  • manは、manualの略です。
  • マニュアル表示から抜けるには、「q」を押せばOKです。
このエントリーをはてなブックマークに追加