Linuxコマンド虎の巻

kill

killは、プロセスを終了させるコマンドです。

構文

kill [オプション] [プロセスID]
kill -l
【オプション】
オプション説明
-lシグナルの一覧を表示する
-s シグナル送信するシグナルを指定する

サンプル

例)プロセスをkillする

//sleep 60をバックグラウンドで実行する $ sleep 60& [1] 7462 //実行中プロセスの一覧を表示する $ ps -a PID TTY TIME CMD 7462 pts/1 00:00:00 sleep 7463 pts/1 00:00:00 ps //プロセスID「7462」のプロセスを終了させる $ kill 7462 //実行中プロセスの一覧を確認する $ ps -a PID TTY TIME CMD 7464 pts/1 00:00:00 ps

例)シグナルの一覧を表示する

$ kill -l 1) SIGHUP 2) SIGINT 3) SIGQUIT 4) SIGILL 5) SIGTRAP 6) SIGABRT 7) SIGBUS 8) SIGFPE 9) SIGKILL 10) SIGUSR1 11) SIGSEGV 12) SIGUSR2 13) SIGPIPE 14) SIGALRM 15) SIGTERM 16) SIGSTKFLT 17) SIGCHLD 18) SIGCONT 19) SIGSTOP 20) SIGTSTP 21) SIGTTIN 22) SIGTTOU 23) SIGURG 24) SIGXCPU 25) SIGXFSZ ・・・

備考

  • シグナルを指定しない場合のデフォルトは、「15:SIGTERM(終了)」です。
このエントリーをはてなブックマークに追加