Linuxコマンド虎の巻

ftp

ftpは、FTPを行うコマンドです。

構文

ftp [オプション] <ホスト>
【オプション】
オプション説明
-iFTPの処理結果を表示しない
-vFTPの処理結果を表示する

FTP中のコマンド

FTPモード中は以下のコマンドが使えます。

【FTP中のコマンド】
FTPコマンド説明
!一時的にコマンドプロンプト入力にする
※FTPに戻りたいときは、exitコマンドで戻れます。
!lsローカルのファイル一覧を表示する
!pwdローカルの作業ディレクトリ(カレントディレクトリ)を表示する
!delローカルのファイルを削除する
(例)hoge.txtを削除する ⇒ !del hoge.txt
!renameローカルファイルの名前を変更する
(例)aa.txtをbb.txtにリネームする ⇒ !rename aa.txt bb.txt
?コマンドのヘルプを表示する
(helpコマンドと同じ)
appendリモートのファイルに追加する
(例)ローカルaa.txtをリモートbb.txtに追加する
 ⇒ append aa.txt bb.txt
ascii転送モードをASCIIにする
※ascでも可。
bellビープ音のオンオフを切り替える
(bellを実行する毎にオンとオフが切り替わる)
※オンだとファイル転送完了時にビープ音が鳴る。
※現在の状況はstatusコマンド実行⇒「ベル」欄の値を参照
binary転送モードをバイナリにする
※binでも可。
byeFTP接続を切断し、FTPモードを終了する
cdリモートの作業ディレクトリを変更する
(例)/home/hogeに移動する ⇒ cd /home/hoge
closeFTP接続を切断する
deleteリモートのファイルを削除する
(例)hoge.txtを削除する ⇒ delete hoge.txt
debugデバッグモードを切り替える
(debugを実行する毎にオンとオフが切り替わる)
※現在の状況はstatusコマンド実行⇒「デバッグ」欄の値を参照
dirリモートディレクトリの内容を表示する
disconnectFTP接続を切断する
getファイルを受信する(recvコマンドと同じ)
(例)test.txtを受信する ⇒ get test.txt
glob*や?などのワイルドカードの使用可否を切り替える
(globを実行する毎にオンとオフが切り替わる)
※現在の状況はstatusコマンド実行⇒「グロビング」欄の値を参照
hashデータ転送時にハッシュ記号の表示のオンオフを切り替える
(コマンドを実行する毎にオンオフが切り替わる)
※オンだとデータ転送する時に2048バイト毎にハッシュ記号「#」が表示される。
※現在の状況はstatusコマンド実行⇒「#(ハッシュ記号) の出力」欄の値を参照
helpコマンドのヘルプを表示する
※コマンドを指定しない場合は、コマンドの一覧が表示される
(例)getコマンドのヘルプを表示する ⇒ help get
lcdローカルの作業ディレクトリを変更する
(例)カレントをc:¥workに移動する ⇒ lcd c:¥work
literal引数に指定したコマンドをリモートマシンに送信する
(quoteコマンドと同じ)
lsリモートディレクトリの内容を表示する
mdelete複数のリモートファイルを削除する
(例)拡張子がtxtのファイルを削除する ⇒ mdelete *.txt
mdir複数のリモートディレクトリの内容を表示する
mget複数のファイルを受信する
mkdir接続先にディレクトリを作成する
mls複数のリモートディレクトリの内容を表示する
(例)ディレクトリd01、d02の内容を表示する ⇒ mdelete d01 d02
mput複数のファイルを送信する
(例)拡張子がhtmlのファイルを全て送信する ⇒ mput *.html
openリモートにFTP接続する
(例)999.999.999.999に接続する ⇒ open 999.999.999.999
prompt対話モードの切り替えを行う
(promptを実行する毎にオンとオフが切り替わる)
※現在の状況はstatusコマンド実行⇒「確認」欄の値を参照
put1ファイル送信する(sendコマンドと同じ)
(例)test.txtを送信する ⇒ put test.txt
pwdリモートマシン上の作業ディレクトリ(カレントディレクトリ)を表示する
quitFTP接続を切断し、FTPモードを終了する
quote引数に指定したコマンドをリモートマシンに送信する
(literalコマンドと同じ)
recvファイルを受信する(getコマンドと同じ)
(例)test.txtを受信する ⇒ recv test.txt
remotehelpリモートのヘルプを表示する
※コマンドを指定しない場合は、コマンドの一覧が表示される
renameリモートファイルの名前を変更する
(例)aa.txtをbb.txに変更 ⇒ rename aa.txt bb.txt
rmdir接続先マシンのディレクトリを削除する
(例)dir01を削除 ⇒ rmdir dir01
send1ファイル送信する(putコマンドと同じ)
(例)test.txtを送信する ⇒ send test.txt
status現在の状況を表示する
 種類:typeコマンドの設定内容
 詳細:verboseコマンドの設定内容
 ベル:beepコマンドの設定内容
 確認:promptコマンドの設定内容
 グロビング:globコマンドの設定内容
 デバッグ:debugコマンドの設定内容
 # (ハッシュ記号) の出力:hashコマンドの設定内容
traceパケットの追跡を切り替える
type転送モードの確認/設定を行う
(転送モードの確認)type
(転送モードの設定)type [ascii|binary]
user指定したユーザでFTPサーバにログインする
※引数を指定しないと対話式となる
(例)ユーザ:hoge/パス:passでログインする ⇒ user hoge pass
verbose詳細表示モードの切り替えを行う
(verboseを実行する毎にオンとオフが切り替わる)
※現在の状況はstatusコマンド実行⇒「詳細」欄の値を参照

サンプル

FTPモードにする

$ ftp

FTPモード後にOPENコマンドで接続します。

FTPサーバ「999.999.999.999」へ接続する

$ ftp 999.999.999.999

IDとパスワードを聞いてくるので、入力後に接続が完了します。

対話メッセージを無効にしてFTPモードにする

$ ftp -i

備考

  • FTPモードから抜けるにはbyeまたはquitです。(exitではありません)

このエントリーをはてなブックマークに追加